農園のご案内

私達は自然に囲まれて、その知恵にあずかって暮らしてきました。ところが、この美しい日本の自然は大きく変わってしましました。
自然とは里山です。
田・畑があり、山が川が、そして集落があって里山なのです。 人も鳥も魚も生きるものすべてが里山を頼って生きてきました。孫子の為に懐かしい里山の風景を遺す使命が私達にはあると思い 「野園」を手作りで始めました。今の人達に合った野園づくり株式会社イワセイとして総合企画、そして実行しました。

湧水あり、日本一の名山あり絶景の山々、田畑、第一番目に火の見櫓の再建(国登録有形文化財)、 二番目湧水地の整備、 三番目建物とトイレそして、又々、四阿とカマド問題は建物、借景に合致する豪農の館、看板は大黒柱の欅450mm角と420mm角の「しょうこく」、 そして丸太梁の木組み、柱は重さ一屯、梁は600kg~800kgの超大物、塗りは天然素材弁柄塗り、大型トラック十台分の川谷を配置、そして別の 導水すぐに小鳥達の行水と沢蟹、アメンボウ、二年目には蛍と思った以上に楽しい村作りに拍車が掛かりました。 次は四阿と薪で炊く「カマド」何から何までお客様との会話からのはじまりでした。

山あり水よし空気よし設えよしすべて本物です。来て見て触ってみてください。園主敬白